オクラみたいなメガネ

オクラ合同会社の運営する社内製造メガネブランド「RUISM」と「眼鏡ノ奥山」での日々の出来事を書くブログです。

オクラ合同会社の運営する自社ブランド「RUISM」と「眼鏡ノ奥山」は

完全自社内製造のメガネブランドです。

日々の制作で感じることや考えていることを書いております。

御注文をいただく前に御覧いただければ幸いでございます。

 

銀太郎

新色 サクラ

制作工房の銀太郎です。 セルロイド生地に新しい色が追加されました。 透きとおったピンク色の生地です。 この生地の名前は「サクラ」となりました。 マットの状態では、和菓子にありそうな淡いピンク色をしております。眼鏡の形にして光沢を出して仕上げる…

TOKYO METRO NEWSに掲載されました

制作工房の銀太郎です。 先日、西葛西の制作工房にて取材がありました。 東京メトロが発行しているフリーペーパーTOKYO METRO NEWSの2020年6月号に掲載されました。 西葛西の街で見つけた"気分爽快な時間"が楽しめるスポットをご紹介 というテーマで、眼鏡ノ…

度無しレンズUV400カット

制作工房の銀太郎です。 眼鏡ノ奥山で制作しているセルロイドフレームの眼鏡を、フレームのみでインターネットから購入して頂いたお客様には、度無しのレンズをサービスでお付けして品物をお渡ししております。 度無しのレンズは、ただのダミーレンズではな…

スモーキーブラウン

制作工房の銀太郎です。 「スモーキーブラウン」というセルロイド生地を使って眼鏡を作りました。 「ダークブラウン」と薄い茶色が木目のように不規則に並んで見える生地です。 薄い色の部分は半透明で、光を通します。 生地の断面を見ると、木目のような積…

大きなメガネを作りました

制作工房の銀太郎です。 自分に丁度良いサイズの大きな眼鏡が手に入らずお困りの方がいらっしゃると思います。 「眼鏡ノ奥山」では、お客さまのお顔を計測して、眼鏡の各パーツを丁度良いサイズのものを材料を切り出すところから制作しています。 先日制作し…

ホーン

制作工房の銀太郎です。 「ホーン」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。 薄いピンク色に黒いストライプ模様が入った生地です。 眼鏡の形に切り出すと、うっすらと透きとおり、グレー色にも近い明るい印象に仕上がります。

広報誌に掲載されました

制作工房の銀太郎です。 昨年末に西葛西の制作工房内で、「あんしん財団」という団体さまより取材がありました。 取材内容は、企業向けの広報誌の2020年2月号に掲載されました。 実際に眼鏡を作っているところの写真や、 ヌシのインタビュー内容なども掲載さ…

パッション

制作工房の銀太郎です。 「パッション」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。 この生地は赤をベースに黒いストライプ模様が不規則に入っています。 加工のとき、ヤスリで削ると柔らかさを感じますが、曲げてみると張りの強さを感じます。 研磨…

ファイヤー

制作工房の銀太郎です。 「ファイヤー」というセルロイド生地を加工しています。 この生地はオレンジ色をベースに、赤色の濃淡のストライプ模様が不規則に並んでいます。 その色が炎のように見えることから「ファイヤー」とよばれています。 曲げてみると張…

パール

制作工房の銀太郎です。 「パール」というセルロイド生地を加工しています。 白地に貝殻のような光沢のある模様が入った生地です。 この材料は複数あるセルロイド生地の中で最も硬い材質です。 加工してみると、高い密度と強度のある張りを感じることができ…

海藻

制作工房の銀太郎です。 「海藻」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。 この生地は薄いピンクの半透明の生地をベースに、赤と緑のストライプ模様が不規則に配置されています。 その模様が海底にゆらぐ海藻のように見えることから「海藻」とよば…

ウッド

制作工房の銀太郎です。 「ウッド」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。 薄い茶色と濃い茶色が木目のように不規則に並んだ生地です。 質感はやや硬めで、張りがあります。 光沢を出して仕上げると、天然石の虎目石のような風合いにも見えます。…

ヒトミ

制作工房の銀太郎です。 「ヒトミ」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。 半透明の生地をベースに、黒、茶色、オレンジが不規則なストライプ模様に入った生地です。 質感は、曲げると弾力があり、セルロイド生地の中では硬いほうになります。 …

ヒスイ

制作工房の銀太郎です。 「ヒスイ」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。 淡いグリーンをベースに黒いストライプ模様が不規則に入った天然石の翡翠のような風合いの生地です。 質感は硬めで、手で曲げてみるとかなり張りのある材質であることが…

端材で作る限定品

制作工房の銀太郎です。 セルロイドの眼鏡を作るときは、板状の材料から切り出しますが最後に端材が残ってしまいます。 その中には廃番となり取り扱い終了となった生地の端材もあります。 「ワインレッド/クリアー」のツートンカラー生地は廃盤となりました…

バラフ

制作工房の銀太郎です。 「バラフ」というセルロイド生地を加工しています。 この生地はべっ甲の散斑のような風合いから、「バラフ」とよばれています。 ヤスリで削ると柔らかさを感じます。 セルロイド生地の中では、黒に次いでしなやかな質感の素材です。 …

サンドブラスト清掃

制作工房の銀太郎です。 サンドブラストの清掃とフィルター交換をしました。 サンドブラストとは、眼鏡のマット仕上げに使用する装置です。 中に品物を入れて、ノズルから吹き出す細かく白い砂の粒を風圧で表面に吹きつけることで、細かい跡が残りマット状に…

「アクア」誕生

制作工房の銀太郎です。 入荷したばかりの新しいセルロイド生地「アクア」を使ってサンプルの眼鏡を作りました。 加工してみると、わりとしなやかな材質であると感じました。 ガラスのように透きとおる美しいブルーの光沢に仕上がりました。 西葛西の店頭に…

さよなら金魚

制作工房の銀太郎です。 「金魚」というセルロイド生地を加工しました。 赤い生地に白い斑点模様が混じった鮮やかな色の材料です。 板の状態では霜降りのお肉のようで、切削すると本物のひき肉のようにみえます。 これが眼鏡の形に仕上げて光沢を出すと、鮮…

ヌマ

制作工房の銀太郎です。 「ヌマ」というセルロイド生地を使って眼鏡を制作しています。 この生地はうすい茶色をベースに、こげ茶と黒とストライプ模様が水墨画のように不規則に入っています。 その色合いから「ヌマ」とよばれていますが、材料を削り出すと木…

オーシャン

制作工房の銀太郎です。 セルロイド生地のオーシャンを加工しているところです。 この生地はうすいブルーの透明生地の中に、黒いしま模様が不規則に並んでいるのが特徴です。 その様子がさざ波のように見えることから「オーシャン」と名付けられています。 …

セルロイドの質感

制作工房の銀太郎です。 セルロイド樹脂は30種類以上のカラーの種類がありますが、それぞれ質感も異なります。その特徴は素材を加工しているときに気が付くことがあります。 代表的なものを例に挙げます。 「黒」と「ダークブラウン」の生地は、柔らかい材質…

研磨彫刻

制作工房の銀太郎です。 眼鏡のデザインはいろいろありますが、角ばった形のものを仕上げるときも、外見のデザインの美しさをたもちながら、肌に触れる部分を程よい肌触りになるよう角を丸くして仕上げをします。 セルロイド生地から切り出された眼鏡をヤス…

ワンサイズ眼鏡

制作工房の銀太郎です。 ワンサイズの定番型の在庫品を開発中です。 「定番のものをすぐに手に入れたい」 というお客さまのためにご用意しました。 5種類のデザインの中からお好きなモデルを選んでいただき、 お客さまの顔のサイズに合わせて調整してからお…

力のコントロール

制作工房の銀太郎です。 いつも製作する眼鏡は、開いたときに横から見てここを隙間なくピッタリに仕上げます。そのためにはヤスリの技術が必要です。 金属のように硬い材料を削るときは、材料をしっかりと固定して、ある程度力を入れながら作業をしました。 …

不純物を見逃さない

制作工房の銀太郎です。 セルロイド製の眼鏡は仕上がると美しい光沢が出ます。光沢が出るまでは丁寧な研磨の工程を重ねていきます。最初は荒めのヤスリから、順番に細かい目のヤスリを使い、最後は布製の研磨機を使って磨き込んでいきます。 まれに完成間近…