オクラみたいなメガネ

オクラ合同会社の運営する社内製造メガネブランド「RUISM」と「眼鏡ノ奥山」での日々の出来事を書くブログです。

オクラ合同会社の運営する自社ブランド「RUISM」と「眼鏡ノ奥山」は

完全自社内製造のメガネブランドです。

日々の制作で感じることや考えていることを書いております。

御注文をいただく前に御覧いただければ幸いでございます。

 

ホーン

制作工房の銀太郎です。

 

ホーン」というセルロイド生地を使って眼鏡を作っています。

 

f:id:ruism13:20200325170811j:plain

 

薄いピンク色に黒いストライプ模様が入った生地です。

 

 

 

 

f:id:ruism13:20200325170855j:plain

 

眼鏡の形に切り出すと、うっすらと透きとおり、グレー色にも近い明るい印象に仕上がります。

 

いつもと違う雰囲気のセルロイド眼鏡を見かけたらソレです

いつもお世話になっております。

ヌシでございます。

 

世界中で暗いニュースが飛び交っているなか、

いつもと変わらずご相談やご要望をいただき制作を続けております。

とても有難いことだと思い日々を過ごしております。

 

体調を崩して制作を止めることの無いよう出来る限り注意をして、

正しく恐れて一日も早い終息を待つことにしました。

 

皆様も体調を崩されませんようご自愛ください。

 

 

さて、

 

 

全パーツを分解できて、お好きな形状、お好きなお色、お好きな大きさで

オリジナル眼鏡を組み立てられる眼鏡の開発が終わりました。

 

近日、徐々にですが今までの眼鏡ノ奥山とは違う雰囲気の眼鏡が

公式サイトやハンドメイドサイトに掲載され始めますので、

 

 

ソレがその新開発眼鏡となります。

 

 

基礎となる構造が確定しましたので、ここからはアップデートのための

思案の旅が始まるですが、その前に頭を少々休ませてあげようと考えております。

 

 

※ヌシの考えが纏まらず犠牲になったセルロイドたち(ごく一部・・・)

 

 

着ているモノ、使っているアイテム、動いている機械や建物、

目に入る人工物は誰かのクリエイトによる結果なのだと、

自分でルールを決めて勝手に作ってみることで、作っている側の人間の思考や

想像が気になって仕方がない体質になってしまいました・・。

 

細かいことを書き始めるとキリがないのでやめときますが・・。

 

設定していた階段の一段目に立てたので、一旦休んで2段目に上がる用意を

しようと考えております。

 

ここまでの記念に2本の失敗作を永久保管しておきます。

 

 

アイムスティルアライブの意味も含めて近況をお送りいたしました。

 

本日はこのあたりで失礼いたします。

徐々に2Dから3Dへ

いつもありがとうございます。

ヌシでございます。

 

制作工房は研磨作業で円盤状の布(バフ)をモーターで高回転させて

粉塵が出るため、毎日マスクが必須なのですが、昨今の情勢ですっかり品薄で

ございます。

 

先代と銀太郎氏にマスクの差し入れでもしようかと近所を探し回りましたが、

セレブ価格のマスクしかないので、ドンキのデストロイヤーマスクにしようか

検討しましたが即却下です。

 

 

早く安定供給されればと願っている今日この頃でございます。

 

 

さて、

 

 

2018年くらいから寝る前に少しずつ訓練を続けた3D図面作成が、

最近やっと形になってまいりました。

眼鏡の各パーツを描くことは既にできるようになったのですが、

パーツを組み合わせてメガネ全体を描くことができませんでした。

 

 

日々、描けない自分に腹を立てながらも3Dソフトを触り続けたのですが、

やっとソフトがお友達と認めてくれたようで、思うように描けるように

なってまいりました。

 

 

 

 

 

 

今までは正面から見た2Dの設計図をお客様にお送りしたり、

公式サイトに掲載しておりましたが、

 

 

3Dで描けるようになると、2DのCADデータが立体に生まれ変わるので、

 

完成形がイメージしやすくなると思います。

 

 

 

 

 

 

寸法を伝えるには2Dでもよいのですが、

完成した時のイメージ画があったほうが良いと思っておりました。

 

このような感じでこれから全型番の3D画像を作り、

各カラーごとに画像を公式サイトに掲載してまいります。

 

 

徐々にですが、より注文しやすい公式サイトに改修してまいりますので

御期待ください。

 

 

本日はこのあたりで失礼いたします。

広報誌に掲載されました

制作工房の銀太郎です。

 

昨年末に西葛西の制作工房内で、「あんしん財団」という団体さまより取材がありました。

 

取材内容は、企業向けの広報誌の2020年2月号に掲載されました。

 

 

 

 

実際に眼鏡を作っているところの写真や、

ヌシのインタビュー内容なども掲載されています。

 

眼鏡を作る様子を見たことがない人にもわかりやすい内容となっております。

 

「長いカラーサンプル」を作っております。

お世話になっております。

ヌシでございます。

 

 

寒さも暑さもどちらも耐えられた、今よりも若いころを思い出します。

 

 

最近は外出の際に最初はブルブル震えている全身を、

 

 

あらゆる筋肉を硬直させて、如何に短時間で震えを抑え込むかを楽しんでおります。

 

 

まったくお勧めできないことは分かっております。

 

 

さて、

 

御来訪のお客様へのカラーサンプルが小さい気がするので、

 

柄や模様がよりイメージしやすいように大きめのカラーサンプルを

空き時間に銀太郎氏に頼んで切り出しております。

 

 

 

 

セル切り出し→板の歪みの加熱補正→面だしヤスリがけ→面取り→荒研磨→中間研磨→ベーパー処理→仕上げ研磨

 

 

1枚のサンプルでも作業工程を書くとなかなか大変な作業でございますが、

より強力なツールになることは分かっているので、

 

 

頑張って全42色をやりきります

 

 

御来訪時にカラーサンプルを見たらこの記事を思い出していただければ

幸いでございます。

 

本日はこのあたりで失礼いたします。